専門用語と競売代行

素人が不動産業に手を出して困惑することの代表として、その用語への知識の無さです。もしも普通の不動産業者から物件を獲得するのであれば、そのときに質問をして知識を得ることもできますし、その後の処理も任せることが出来ます。しかし、競売物件ではそうはいきません。裁判所相手の仕事となりますので、不動産業者のように手取り足取り教えてくれるということは考えない方が良いでしょう。もちろん、質問の受け答えはしてくれますが、多くを望むのは禁物です。

難しいと言われている不動産業の専門知識の中でも、その契約を一つずつ交わしていかなければならないので煩わしいとされているのが所有権移転登記や担保権抹消の嘱託登記、それから権利書の送付などが挙げられます。実際には、裁判所が登記所に所有権移転と担保権抹消の登記嘱託を行うというものですが、買受人が直接関わることはありません。登録免許税を納付しなければならないので、指定の納付書を使用する必要があります。

このような契約は複雑に感じることも多く時間もかかります。副業で不動産業を行なっている人にとって時間は貴重なものです。そのため、いくらか費用を払ってでも競売代行サービス業者に頼んだ方が良いという人もいるのです。様々な手続きを間違いなく完璧に行うことが出来る代行業者を上手に活用しましょう。

Copyright © 競売物件を手に入れるために利用したいサービスとは, All rights reserved.