公告と競売代行

「公告」とは、裁判所が最低売却価額や入札保証金額、さらには入札期間や開札期間、売却決定期日、また、物件明細書、現況調査報告書、評価書の三点セットなどが公表されるものです。入札開始日の3週間ほど前に公告が行われ、その間に物件に関する調査を行う必要があります。そのため、公告期間に競売代行サービスを利用するのが非常に効率が良いのです。

例えば、希望の物件を探す場合ですが、こちらは全国各地の物件を取り扱う不動産会社やタウン誌、情報サイトなどをくまなく調べたり、裁判所にも直接出向かなければいけません。しかし、競売代行サービスを利用することによって、このような手間を省くことができます。また、現地調査も色々な兼ね合いがあるので初心者には大変難しい処理の一つですが、こちらも競売代行サービスを利用することによって、限られた公告の期間でもすんなりと目的の情報を聞き出すことが出来るのです。

このように、短い公告期間に利用したい競売代行サービスですが、一つだけ気をつけておきたいものがあります。それが三点セットの存在です。こちらは裁判所が開示している貴重な資料であるため、本人が確認をすることで無用なトラブルを避けることが出来ます。

Copyright © 競売物件を手に入れるために利用したいサービスとは, All rights reserved.