流れについて

競売代行サービスを利用するには、まず競売代行サービス業者に連絡を取らなければなりません。現在の申し込み方法としては電話での申し込みかインターネットを通じての申し込みが主流です。この他にも直接事務所や店舗に出向いて相談をするという手もありますが、近くに競売代行サービス業者がなかったり時間が作れなかったりするという人は電話かインターネットを利用するのが近道でしょう。

申し込みをすると、その要望に添った競売物件の情報や、それに関する資料などの連絡がきます。このピックアップされた情報の中から気に入った物件があった場合、初めて競売代行サービス業者と契約を結ぶことになります。このときに代行手数料を申し込み者が業者に支払うのが一般的です。そうすると業者はリサーチを始め、現地に直接足を運び物件を視察します。そこで入札価格を決定するのです。この価格は申し込み者の都合に配慮したものになりますが、場合によってはローンを組むこともあります。

入札保証金振込代行などの様々な手続きを済ませて、開札結果を待ちます。無事に成功した場合には、申し込み者は成功報酬を払います。その後に関する手続きは占有者の交渉や残置物の処分などがありますが、こちらも費用がかかりますが任せることも可能です。

Copyright © 競売物件を手に入れるために利用したいサービスとは, All rights reserved.